これからヴァイオリン(バイオリン)、ヴィオラ、チェロを始めようとお考えの方へ

ヴァイオリン(バイオリン)専門店は敷居が高いとお思いではありませんか?

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの専門店、弦楽器サラサーテでは、これから新しくヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ等弦楽器を始めようとお考えの初心者、レイトスターターの皆様の、ご予算、ご要望に応じた楽器選定、ご購入のお手伝いを承っております。
自分は初心者だから、ヴァイオリンを始めたいのだけれど、弾けないから楽器の音の違い、値段の違いの意味もわからない。何を基準に、どういう店で、どのように選べば良いのかわからない。そのように思われる方も、多いのではないでしょうか?
とかくヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなど弦楽器の選定は複雑で素人、初心者には難しいというイメージをお持ちの方がとても多いように思われます。そして弦楽器専門店や弦楽器工房は専門的過ぎて、自分のような初心者、入門者の行くところではない、とても敷居の高いところのようにお感じになられているかもしれません。

ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの専門店ならではの大きな強みがあります

でも、そういう方だからこそ、初心者の方、どのように選んだら良いのかお迷いの方だからこそ、『弦楽器専門店』、『ヴァイオリン専門店』の知識や経験が果たす役割が大きいのではないかと私は考えます。

専門店に行きにくいからと、手軽だからと量販店や楽天市場のようなネット通信販売などで、安いだけの初心者用ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロセットに飛びつかないください。安くなってお買い得だからと中古のヴァイオリンに手を出したりしないでください。手工弦楽器は消耗品ではありません。きちんとしたものを購入されたら長く使うことができますし、「中古」扱いにはなりません。また、良い楽器は良い「道具」として必ず演奏技術の上達を助けてくれるはずです。良い音が出せなかったのは、上手くなれなかったのは楽器(道具)のせいだったのだ、と後で気づいても遅いのです。無駄な練習をして遠回りしてしまった時間は取り戻せません。効率的な練習で早く上手くなるためにも道具選びは大切なのです。
弦楽器の良し悪しは、値段や国籍、製作者の知名度で決まるものでは決してありません。驚くほど高価な楽器でさえも、その価格の根拠は単なるブランドや骨董的価値だけで、道具としてはお粗末なものも少なくありません。道具としての性能を正しく見極めることが何よりも楽器選びには重要なのです。

私は、いかなる価格帯においても、そして弾かれる方が初心者でも上級者でも、楽器は「道具」としての性能を常に満たしている必要があると考えております。
その性能を見極める眼、音を判断する耳、すなわちヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの道具としての資質を判断する能力は一朝一夕に簡単に獲得できるものではありません。毎日毎日ひたすら楽器を見続け、試奏するということの繰り返し、その経験を積んだ者のみがそれが可能になるのです。それがまさに『弦楽器専門店』、『ヴァイオリン専門店』の強み、得意分野と言えるでしょう。

また、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのおけいこ、練習継続・上達にはお客様との信頼関係がとても重要であると考えております。これからヴァイオリン、ヴィオラ、チェロなど弦楽器を始めたいという初心者の方こそ、ヴァイオリン、弦楽器販売専門店である『弦楽器サラサーテ』へお気軽にご要望をお伝えいただきたいと思っております。ヴァイオリンは独学では難しい楽器ですので、先生の選び方や楽器のメンテナンスなど弦楽器専門店ならではのアドヴァイス、お客様のご購入のお手伝いをさせていただきたいと存じます。
どうか、躊躇することなく、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの専門店、弦楽器専門店サラサーテの門を叩いてください。

巷にあふれる初心者用ヴァイオリン。その内容には充分注意してください

初心者用、入門用と銘打ったヴァイオリンは巷にあふれていますが、その大部分は低価格で作られた量産品であって、初心者が弾きやすいように、音を出し易いようにと注意を払って丁寧に作られた手工品ではないという事実に気付いてください。

こちらもご覧ください↓

初心者用楽器とはいったいどのようなものなのでしょうか

これからヴァイオリンを始めるので何を選んだら良いか全くわからない

弓はヴァイオリンの付属品ではありません。ひとつの大切な道具なのです。

ヴァイオリンを演奏するときに必要な弓。これはヴァイオリンを買うと付いてくる付属品ではありません。
弓は奏者の腕の延長上。奏者の意図をヴァイオリンに伝える大事な道具なのです。
ですから、楽器の性能がいくら高くても、弓が貧弱であったら、トータルの性能は弓のところで留まり楽器の足を引っ張ることになります。楽器の持つ本来の音は出せないのです。
また、いくら演奏者の演奏能力が高くとも、それが充分に発揮できなくなってしまいます。ですから、演奏の専門家の中には楽器と同じくらい、いやそれ以上の金額を弓にかける人もいるのです。
いわゆる初心者用セットのようなかたちで購入してしまうと、本来は別々に選んで買わなければいけない弓も付いてきてしまいます。それで付属品と誤解される方がいらっしゃるのでしょうが、上記のように弓は演奏するために大変重要な役割を持った道具なのですから、「おまけ」程度に付けられた弓であったら、迷惑以外の何物でもありません。
ヴァイオリンの購入、買い替えの際は、おまけや予算の関係での妥協の産物ではなく、楽器の性能に見合った弓を必ず選ばれるようにしてください。

中古のヴァイオリンは果たしてお買い得なのでしょうか

弦楽器専門店においては、「オールド」と「中古」は違います。管楽器やピアノなど楽器でも一旦使用されたり、古くなると「中古」扱いになるものがありますが、きちんと作られた手工弦楽器は、古くなっても決して「中古」扱いにはなりません。
ですから、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロで古くなったり、一旦使用されたもので、もし中古扱いになって価格が下がっていたら、元の価値や性能が保全されずに下がったということを意味しています。
いくら値段が安く買えようとも、道具としての能力も落ちているわけですので、それはお買い得ではないと気付くべきでしょう。

こちらもご覧ください↓

そちらに中古のヴァイオリンはありますか?

早く上達するためには楽器(道具)選びと先生選びが重要です

いくら本人のやる気があっても、時間をかけて練習しても、道具が悪かったら上手くなれません。たとえば料理をするのに包丁が切れなかったら、能率が悪い、上手くいかないばかりか危険さえあるでしょう。弦楽器においても、その価格の高い安いにかかわらず、楽器本体、弓が道具として性能が適切なものかどうかは上達のスピードと密接な関係があるのです。初心者の方にとって、その楽器や弓の性能を見極めるのはどうしても難しいと思われますので、そこで弦楽器専門店のノウハウが必要になってくるでしょう。それについては弦楽器サラサーテにお任せいただければ万全です。
また、いくら性能の良い道具を揃えることができても、先生の教え方が合っていなければ、早く上手くなることはできません。
人間的な相性ももちろんあるとは思いますが、テクニカルな面で言えば、大人から始めた初心者、レイトスターターに合わせたレッスンの経験が豊富な先生、専らお子さんしか教えていない先生、音大に行くような専門家を目指すお子さんを中心に教えている先生と、先生、音楽教室にも様々なタイプが存在します。オールラウンドにということは珍しく、先生にも得意分野、不得意(未経験)分野があるのです。ですから、それも含めた先生との相性を考慮されませんと、いくら長い期間習っていても一向に上達しないということになってしまいます。発表会の見学、体験レッスンなどを通じて、自分と同じようなタイプの生徒さんが多いかどうか、また教材の選び方、課題の与え方、練習方法が子どもと大人でどう違うかなどを確かめられるとよろしいかと思います。

ヴァイオリンを一生の友、趣味として楽しむために

上手く弾けない、弾くのが得意でなくても、仕事が忙しくてあまり練習時間が取れなくても、ヴァイオリン、弦楽器の楽しみ方は弾くだけではなく色々あります。それはCDを聴いたり、本を読んだりして、ヴァイオリン(弦楽器)への親しみを深めることです。それが大人から始めた趣味としてのヴァイオリン、弦楽器の魅力、醍醐味だと思います。そのような方たちへも、弦楽器サラサーテは沢山の情報をこのHPでお伝えしております。
それは、店主自身小さい時からクラシック音楽、ヴァイオリンに親しみ、演奏以外の楽しみとして、CD(当時はLPレコードでしたが)や書籍の蒐集に努めてきたからです。ですから私はまさに下手の横好きですが色々と演奏以外の楽しみも体験してまいりました。その一端を皆様にご紹介したいと思い、記事を書いております。よろしかったらお暇なときに、店主が書いたCD紹介や書籍紹介等を覘いてみてください。

ヴァイオリン関連おすすめCDのご紹介

ヴァイオリン関連おすすめ書籍のご紹介

ブログ、ヴァイオリン関連おすすめCD、DVD、書籍のご紹介

戻る