弦楽四重奏演奏会のご案内 クァルテット・エクセルシオ定期演奏会

クァルテット・エクセルシオ 定期演奏会 2020秋

クァルテット・エクセルシオ(Quartet Excelsior) 第39回東京定期演奏会、第16回京都定期演奏会のご案内

春先からの新型コロナ禍の中長い活動自粛期間を経て、今ようやくクァルテット・エクセルシオが活動再開しました

 

プログラム

ハイドン 弦楽四重奏曲第33番 ト短調 Op.20-3
ラヴェル 弦楽四重奏曲 へ長調
ベートーヴェン 弦楽五重奏曲 ハ長調 Op29*

*ヴィオラ 柳瀬省太(ゲスト)

今回はヴィオラの名手、柳瀬省太を迎え、今年生誕250年ベートーヴェンの隠れた名曲、弦楽五重奏曲を演奏します

クァルテット・エクセルシオ 弦楽四重奏 演奏会チラシのダウンロード(PDF)はこちらから

 

11月8日(日)東京文化会館小ホール 14時開演(13時15分開場)
11月13日(金)京都府立府民ホールアルティ 14時開演(13時15分開場)

 

【クァルテット・エクセルシオ】

年間70公演以上を行う、日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。
ベートーヴェンを軸とした『定期公演』、20世紀以降の現代作品に光をあてる『ラボ・エクセルシオ』、人気傑作選『弦楽四重奏の旅』、モーツァルトを軸とした多彩な『アラウンド・モーツァルト』の4シリーズを展開しつつ国内外で幅広く活動。
加えて、幼児から学生、地域コミュニティを対象に室内楽の普及にも積極的に力を注いでいる。
‘94年結成。第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール最高位、’08年第19回新日鐵音楽賞「フレッシュアーティスト賞」、’14年第16回ホテルオークラ音楽賞など受賞歴多数。
また6年間『サントリーホール室内楽アカデミー』にて後進の指導にもあたる。
’16年6月にはサントリーホール主催でベートーヴェンの弦楽四重奏全曲チクルスを日本の団体として初めて演奏、さらに7月初めにはドイツデビューを果たし今後の活躍がますます期待されている。
’16年より、常設の弦楽四重奏団としてはおそらく初めての音楽ホールでのレジデンス活動も浦安市の浦安音楽ホールを拠点にホールオープンと同時に開始する。

クァルテット・エクセルシオ(Quartet Excelsior)メンバー
1stVn :西野 ゆか 2ndVn:北見 春菜 Va: 吉田 有紀子 Vc: 大友 肇

クァルテット・エクセルシオ公式Hp

クァルテット・エクセルシオfacebook

クァルテット・エクセルシオYouTubeチャンネル

ベートーヴェン生誕250年記念ベートーヴェン弦楽四重奏全曲チクルス