これからヴァイオリンを始めるので 何を選んだら良いか 全くわからない

Derius Fece in Tokio ( by Violino Co.Ltd )

この価格でこんなに・・・・
スズキくんもびっくり!

¥100,000、¥150,000、¥200,000 (税抜)(アンティーク仕上げ)

日本小田原の弦楽器工房 Violino による楽器。だからラベルの表記はTokio(東京)になっております。でも見ればわかります。これは中国で製作した楽器なのです。
ラベルの表記が東京となっているのは、全ての責任が製造を依頼した会社(Violino)にあるからなのでしょう。 そんなことはケシカラン、許せぬ、とおっしゃる方はここから先はお読みにならなくて結構です。

そもそも 日本やドイツなど賃金の高い国で、まともなヴァイオリンが10万円でできる訳がありません。 問題にするべきことは、目の前の楽器が良いか悪いか、そして値段が妥当かどうかではないでしょうか。

多くの方は良いヴァイオリンを探すために、どこで作ったかとか誰が作ったかとかを血眼になって調べます。でも残念ながらこれらは楽器の実力を判断するのにあまり有効な材料とはなり得ないことが多いのです。
しかしそれでも心配はいりません。それは“結果”が全てを正直に語ってくれているのですから。 たとえ誰がどこで作ったかという過程を知ることができなくとも、結果(楽器)は明白です。既に明らかになっているはずです。そうです、目の前にあるその楽器のことです。それが良いか悪いかを判断すること、それこそが楽器を選ぶための最短で最善の道なのです。

履歴書をいくら眺めてみても、決して本当の人物像は見えてこないことと一緒ではないでしょうか。まあ、それでも未だに出身大学で振り分けられたりしているようですが・・・

楽器によるばらつきを極力少なくするため、私の手元に来た段階で厳しい選定を行っております。いくら低価格でも道具としての適切さを欠くものを私がお売りするわけにはいかないからです。 そのため、数量限定ではありませんが、お渡しするのに少しお時間をいただく場合が生ずるかもしれません。 よろしくご了承下さいますようお願い申し上げます。

まずはお手数ですがメール、お電話等で在庫のご確認をお願いいたします。

注) 左画像の楽器は100,000円(税抜)のモデル。 (現在は顎当てがオーバーテールピースタイプに変わっています)

初心者用ヴァイオリンについて
私の考え方をお知りになりたい方はこちらへ

詳細画像を見る

普及価格品でもこのクオリティ。どなたにも、 安心してお選びいただけます。 中国生産だからそれが可能になりました。

分数楽器からのサイズアップ、大人の初心者の方の ファーストチョイスとして絶対の自信を持ってお薦めします。 また、部活、サークル、アマオケ等で活躍されている中上級者の更なる機動力アップも期待できます。

この楽器を使うことで 「力を抜いて弾く」という 初心者最大の課題が、 いとも簡単にクリアできてしまいます。
今までそれが出来なかったのは楽器(道具)に原因があったのです。 この楽器は、「楽器が鳴る」ということ「楽器を鳴らす」ということがいったいどういうことなのかを教えてくれるヴァイオリンです。発音が軽く、確実なので機動力も確実にアップいたします。
また、このようにきちんとつくられた楽器ですと、弾いていない弦の共鳴がしっかり聴こえてきますので、正しい音程を取るのに役立ちます。結果、正しい音程感覚が身につくこととなります。

Marco Fiumebianca

(画像上でクリックするとポップアップで拡大表示します )

¥240,000(税抜)

この楽器のモデルは、Rocca、Pressendaを彷彿とさせるものですが、その基となるのは Guarneri del Gesu です。ボディの作り込みの良さは、価格を忘れてしまうほど。ドイツ等ヨーロッパ勢の同価格品には決して真似のできないつくりです。
そのつくりから出る音はまさに正統的。レスポンスの良さ、豊かな音量、4弦のバランスの良さなど、一生もののクオリティを持っております。
また、やりすぎない程良いアンティーキングが品の良い外観を産んでいます。スプレーニスによるアンティーク仕上げとは全く次元の違うものであることを是非実物でお確かめください。

Antonio Fiumebianca

( 画像はGuarneri del Gesu model )
(画像上でクリックするとポップアップで拡大表示します )
モデルは Stradivari と Guarneri del Gesu の二つからお選びいただけます。

¥295,000(税抜)

上記の Marco よりさらにアンティーク仕上げを進化されたのがこちらの楽器。
表、裏板の微妙なキズ、ニスが剥げた部分の凹凸感など、オールド楽器の質感をより リアルに再現しています。

アメリカなどでは新作 レプリカ楽器で 500万円~700万円 するようなものまでもがありますが、それにかなり肉薄した雰囲気を、すでにこの値段でも味わうことができるのではないでしょうか。

音も、Marco よりも柔らかく深みのある音を目指したつくりとなっています。倍音が豊かで音の広がりを感じられることでしょう。
しかし、Marcoの張りのある明るい音も大変魅力的ですので、仕上げの違いだけではなく、音も、弾かれる方のお好みではないでしょうか。

Marco と Antonio の違いを 良く弾き比べ、見比べられて、貴方の気に入られる方をお選びになられてください。

この他、Marco \ 180,000(税抜)、\ 198,000(税抜)もございます。
試奏、在庫のお問い合わせはこちらまで

※ このカテゴリーで他に楽器をお探しすることもできます。お問い合わせください。

戻る