ヴァイオリン(バイオリン)専門店 弦楽器サラサーテ店主のブログ

「陛下、今夜お弾きになられたら」来日したトランプ大統領夫妻、天皇陛下にヴィオラを贈進

国賓として来日したトランプ米大統領夫妻、天皇陛下にヴィオラを贈進。皇后さまが「陛下、今夜お弾きになられたら」

 

そのヴィオラはいったいどんな楽器なのか興味がありますね?

世間ではそのヴィオラがいったいいくらくらいの価格なのかの方に関心があるようですが、私としては、そのトランプ夫妻によって天皇陛下に贈られた楽器の大きさがいったい何cmなのか?天皇陛下が弾ける大きさなのか?そちらの方に関心があります。

 

2019年5月27日午前、天皇、皇后両陛下は、皇居・宮殿「竹の間」で国賓として来日したトランプ米大統領夫妻と会見されました。

その際に双方から贈り物の交換があり、トランプ大統領夫妻は天皇陛下にヴィオラを贈られました。その際、皇后さまが、陛下に「陛下、今夜お弾きになられたら」とおっしゃる場面も。

天皇陛下は、幼少のときからヴァイオリンを桐朋学園の名教授、久保田良作氏に師事し学ばれましたが、皇太子時代にはヴィオラを奏され、学習院オーケストラ、同OBオーケストラ、そしてチョン・ミョンフン氏やミーシャ・マイスキー氏、樫本大進氏などのアーティストとの共演など、これまでにもそのヴィオラを演奏するお姿が報道されてきました。

トランプ大統領自身は、楽器を演奏したり、クラシック音楽を愛する人かどうかわかりませんが、天皇陛下への贈り物としてはかなりスマートなものだったのではないでしょうか?トランプさんのブレインの方、だれかわかりませんが、芸術のわかる優秀な方がいらっしゃるのですね、センスの良さが伺えますね。

報道では、アメリカ製のヴィオラ、80年前のヴィンテージものと言われていますが、いったいどのようなヴィオラだったのか?誰が製作したものなのか?楽器屋としては、ちょっと気になりますね。

それより何より、弦楽器を愛好する皆さん方はすでにお気づきかと思いますが、ヴィオラはボディサイズがまちまちであるという、ヴィオラ特有の問題があります。
ヴィオラの大きさは弾きやすさに大きな影響がありますから、ヴィオラ弾きにとって、ヴィオラを選ぶ際にかなり重視する要素のひとつです。

果たしてトランプ陣営は天皇陛下が皇太子時代にお使いになられていたヴィオラのサイズまで調査が及んでいたのかどうか?

アメリカのオーケストラのヴィオラセクションをご覧になればおわかりになられると思いますが、アメリカのヴィオラ奏者はみんな42㎝とか43㎝とか、かなり大きな楽器を使っています。アメリカでは日本では大き過ぎるといって敬遠されるようなサイズのヴィオラが標準サイズ?なのかもしれません。

天皇陛下に贈られたヴィオラが、トランプ大統領の体格に合わせた大きさの楽器ではないことを祈ります。

 

ヴィオラの大きさの測り方

ヴィオラとは?ヴィオラとヴァイオリンの違いなどについてはこちらのHP 、 ヴィオラの魅力をご参照ください。

 

天皇陛下が皇太子時代のヴィオラ演奏活動

 

ヴィオラの名曲についてはこちらをご参照ください

ヴィオラの活躍する名曲、ブラームス 弦楽四重奏曲第3番はこの演奏会で聴けます。
ヴィオラの名手、吉田有紀子の名人芸をご堪能ください。

 


弦楽四重奏コンサートのご案内

クァルテット・エクセルシオ 定期演奏会のご案内

クァルテット・エクセルシオ メンバー

 

弦楽四重奏団 クァルテットエクセルシオの定期演奏会が2019年6月2日(日)東京文化会館小ホール、そして札幌でも同一プログラムで6月5日(水)札幌コンサートホールKitara小ホールにて開催されます。

オーディオ装置の再生で一番難しいとされているのは、アコースティックな弦楽器(ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ)と言われています。CDやTVを通して聴く弦楽器の音と、演奏会で聴く生演奏の音とはかなり違います。演奏会場で聴く弦楽器の音は、自然で刺激臭の全くない、本当に心地よい響きだと思います。

ヴァイオリンやチェロなど、コンチェルトやソロリサイタルなどで聴くのももちろん良いのですが、私は弦楽器がお互いに響き合ういわゆる純正調のハーモニーの美しさ、そしてヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ各楽器の特徴を味わうには、弦楽四重奏(クァルテット)という演奏形式が一番最適なのではないかと思います。

と言うのも、生で聴く弦楽器の音は伴奏の音にかき消されがちなことが多いからです。
CDなどは録音の場合はマイクのセッティングやミキシング時のバランス調整などで、ソロが引き立つようにカバーしますが、実際に会場で聴く場合は、ソロの音がオーケストラ伴奏、そしてピアノ伴奏であっても埋もれてしまって聴こえにくいことが少なくありません。
もちろん、これはオケの編成、ピアノ伴奏者の弾き方、ホールの音響特性や、ホールの座る席の位置によっても差はあると思います。しかし、CDで聴くように、ディテールまでつぶさにソロの音が聴こえてくるということはなかなかないでしょう。

ところが、弦楽四重奏は同じヴァイオリン属の仲間だけでアンサンブルをしますし、4人だけですので、お互いをかき消すようなことはありません。それぞれの演奏、持ち味がしっかりと聴き取れるのです。ですからヴァイオリン、ヴィオラ、チェロの良いところを、美味しいところを、ソロリサイタルや協奏曲を聴くよりも一番堪能できるのではないかと私は思っています。

そういうわけで、まだ弦楽四重奏を聴いたことがないという方、また、TVやCDでは聴いたことはあっても、生演奏は聴いたことがまだないというような方、ぜひこの演奏会に足をお運びいただき、クァルテットの醍醐味、大作曲家が描く弦楽四重奏の世界に触れてみてください。

クァルテット・エクセルシオ・定期演奏会チラシ

チラシのダウンロード(pdf)はこちらからお願いします

【クァルテット・エクセルシオ】

年間70公演以上を行う、日本では数少ない常設の弦楽四重奏団。
ベートーヴェンを軸とした『定期公演』、20世紀以降の現代作品に光をあてる『ラボ・エクセルシオ』、人気傑作選『弦楽四重奏の旅』、モーツァルトを軸とした多彩な『アラウンド・モーツァルト』の4シリーズを展開しつつ国内外で幅広く活動。
加えて、幼児から学生、地域コミュニティを対象に室内楽の普及にも積極的に力を注いでいる。
‘94年結成。第5回パオロ・ボルチアーニ国際弦楽四重奏コンクール最高位、’08年第19回新日鐵音楽賞「フレッシュアーティスト賞」、’14年第16回ホテルオークラ音楽賞など受賞歴多数。
また6年間『サントリーホール室内楽アカデミー』にて後進の指導にもあたる。
’16年6月にはサントリーホール主催でベートーヴェンの弦楽四重奏全曲チクルスを日本の団体として初めて演奏、さらに7月初めにはドイツデビューを果たし今後の活躍がますます期待されている。
’16年より、常設の弦楽四重奏団としてはおそらく初めての音楽ホールでのレジデンス活動も浦安市の浦安音楽ホールを拠点にホールオープンと同時に開始する。

クァルテット・エクセルシオ(Quartet Excelsior)メンバー
1stVn :西野 ゆか 2ndVn:北見 春菜 Va: 吉田 有紀子 Vc: 大友 肇

 

先日浦安音楽ホールで行われたリハーサルの模様を撮影してまいりました


中国製新作ヴィオラ・販売・初心者でも音の出しやすい低音の豊かな楽器です

初心者の方でも音の出しやすい中国製完全手工ヴィオラ販売のご案内です

もちろん、中上級者の厳しい要求にもきちんと応えられる性能です。

中国製の弦楽器が優秀なのはもはや皆様方周知の事実だとは思いますが、特に秀逸なのがここでご案内いたしますヴィオラです。
210,000円(税別)という比較的低価格ではありますが、その実力は相当なものです。ですから80万円~100万円くらいの楽器と比べていただいても全く遜色はありません。逆に言えば、同クラスの日本製やドイツ製などの量産品と比べていただく必要は全くありません。材料、つくり、音全ての面でそれらを凌駕しています。それらをわざわざ見て回るのは時間の無駄ですから。
これまでにも、音大を出られた方、音高、音大生などヴァイオリンの専門家のヴィオラ持ち替え楽器として何台も販売して参りました。
ヴァイオリンの専門家はやはりヴィオラにはあまりお金をかけたくないというお気持ちが強いのですが、そうは言っても、弦楽四重奏等でヴィオラを担当するとなると周りの楽器に音で負けてしまうのは面白くはありません。そういった方々の欲求を満たしてきたというのがこのヴィオラです。ですから、その価格を超えたクオリティの高さは購入された方の満足度ですでに実証済みと言えると思います。
是非、ご自身で手に取られて、この楽器の素晴らしさをお確かめ下さい。

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。


ヴァイオリン製作家・職人・Geng XiaoGang(耿 暁鋼)氏の工房を訪ねて

ヴァイオリン製作家を訪ねて

東京世田谷豪徳寺で弦楽器工房(リゥテリア・ガン)を開いている、ヴァイオリン製作家・職人のGeng XiaoGang(耿 暁鋼)ガン氏に現在製作中のヴァイオリンについてお話を聞いてきました。毎回色々な発見、ヒントがあり、それをヴァイオリン製作に行かされているガン氏ですが、今回のヴァイオリンはどのようなことを考え、気を付けて作られているのでしょうか?その辺をインタビューしたつもりです。

このヴァイオリンは完成後、2016年の秋の弦楽器フェア(科学技術館で開催)に展示する予定だということです。会場では実際に試奏していただくことができますので、興味のある方は是非会場に足を運ばれて実際にお試しになられてみてください。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。

 


Geng XiaoGang・耿 暁鋼 製作の新作ヴィオラについて

最近製作したヴィオラについて 耿 暁鋼氏にお話を聞く

東京世田谷在住の中国人製作家Geng XiaoGang(耿 暁鋼)氏の工房にお邪魔して、最近作られたヴィオラについてお話を聞きました。
このヴィオラは以前作られて、音が良かったモデル(プロの演奏家が使われている楽器から採寸したものだそうですが)を更に改良したものだということ、ボディサイズは大き目ですが、弦長が短いために、結果的には女性でも弾き易い楽器となっています。

やはり胴体のサイズが大きく容積がたっぷりあるために、C線の量感やヴィオラらしい適度なこもり音など、理想的な音が出せるようです。
このモデルでのガン氏への注文製作も承っております。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。


東京在住中国人ヴァイオリン製作家 耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏に訊く

耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏の工房にお邪魔しました

東京世田谷在住中国人ヴァイオリン製作家 耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏の工房にお邪魔して、最近作られた楽器について色々とお話を伺いました。耿氏は、これまでに数多くの名器やさまざまな国籍、年代の楽器を調整してきました。その経験が彼の楽器づくりには生かされていると思います。イタリアの製作者のほとんどは、ただ楽器を新しく作るだけで自分以外の楽器の修理や調整というものをしません。もちろん、師匠の楽器を学び、その通りに作ることから始めるとは思うのですが、イタリアの製作家たちは、修理や調整を基本的には自分の楽器以外にはあまりしない(できない?)ので、結果色々なスタイルの楽器に触れ、楽器の違いというものを学ぶということが無いのです。

ガン氏の場合は、クルマの両輪のように、製作というジャンルと、調整というジャンルを上手く噛み合わせて、新しく製作する楽器に生かしていると思います。ですから、いつでも最新作には新しいアイデア、発見がつまっているように思います。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。

 


フランス製 ヴィオラ弓 ・販売・Marc Laberte Mirecourt

剛性のあるしっかりしたヴィオラ弓、腰の強いヴィオラ弓の販売のご案内です

フランス製ヴィオラ弓 Marc Laberte のご案内。剛性のあるしっかりした弓、腰の強い弓ですので、どのような楽器でも鳴らし切ります。
とかく、ヴィオラはその性質上、鳴りがぱっとしない、音量が足らない、C線の量感が物足りないということが少なくありませんが、これまで鳴らしにくく何をやっても上手くいかなかったと悩まれていたヴィオラに是非合わせてみてください。

なお、この弓は(依頼すると有料で高額ですので)証明書の発行をわざわざ依頼しておりませんが、ラファン氏にお見せして、Marc Laberteに間違いない旨のオピニオンはいただいています。

しっかりとした弾きごたえのある弓、音量の出る弓をお探しの方に是非ご試奏していただきたいと思います。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。


フレンチヴァイオリン弓・販売・ J.J.Millant ・八角・銀黒檀・鯨髭

Jean Jacques Millant ヴァイオリン 弓の販売

フレンチヴァイオリンBow J.J.Millant 八角・銀黒檀

現在はクジラの髭の使用は禁じられているので、イミテーション(樹脂製)を使用しますが、この弓のラッピングはオリジナル(本物の鯨の髭)のままです。
スティックはがっちりとしたものでやや重めの弓ではありますが、操作性も良く、しっかりとした密度の高い音を出せる弓だと思います。

フレンチ弓の第一人者 Bernard Millantは この、Jean Jacques Millant の従弟にあたります
その直系のラファン氏が来日されたときにこの弓を見ていただきましたが、間違いの無い本物である、確かなものである旨のオピニオンをいただいています。(証明書の発行は有料で高額ですので証明書はわざわざ発行してもらってはいません)

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。


大人からヴァイオリンを始めて早く上達するには(レッスン形態・先生選び)

大人から始めてもヴァイオリンが上手くなる方法(レッスン編)

大人からヴァイオリンを始めては上手くならないと思っていませんか?

実はレッスンの仕方、内容が適切であれば、大人から始められても上達は可能です。
そのためにはレッスンの形式、グループレッスン、個人レッスンの違いを知る必要があります。

大人のヴァイオリン初心者、レイトスタータにとってグループレッスンは果たして最適な選択なのでしょうか?
確かにハードルが低く、とっかかりやすさはありますが、グループ故のデメリットがいくつかあります。
また、個人レッスンも先生によって教え方は様々です。
子供さんに教える内容のまま大人にもレッスンするような先生では上達は望めません。
それは大人と子供では、体の柔軟性などが違うからです。
大人と子供の身体的な違いを理解して教えてくださるか。そして、大人生徒さんからのさまざまな疑問、質問にきちんと言葉で答えてくださることができるかどうか、また持ち方、構え方、各練習課題等の意味、意義等についてもきちんと説明した上でレッスンができるかどうかが重要です。
小さい時から機械的な訓練を続けて専門家になられた多くの先生、指導者にとっては、大人から始めた生徒さんが身体的に(たとえば身体が固くなっていて)弾くのが困難なことだったり、練習していて思いつく素朴な疑問などはまず思ってもみないことが多いからです。
それらについて、改めて勉強しよう、色々なやり方を考えてみようという気持ちがなければ、大人の方を教えて、早く上達させることはできないと思います。

ですから大人からヴァイオリン(弦楽器)を始めて早く上達するには、適切な先生選びが重要なのです。
長いこと習っているはずなのに、いつまで経っても上達しないのは、実は先生の教え方が悪い(合っていない)からかもしれません。

35本の動画を連続再生いたします

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。

 

 


大人からヴァイオリンを始めた初心者が早く上達するには

大人の初心者が早く上手くなるには 道具(楽器)選び編

ヴァイオリンの初心者が早く上達するために必要なこと
大人からヴァイオリンを始めたレイトスターターは上手くなれないのか

またヴァイオリン選びについてですが、初心者は始めから良い楽器(道具)を持っても意味がないのか、深夜の練習もできるサイレントヴァイオリンは大人から始める初心者にとって良い楽器なのか?

等々、初心者、大人から始めた初心者、レイトスターターの方にとっての正しい楽器の選び方について解説しています。
(32本の動画を連続再生します)

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。