Marco Dobretsovitch ca.1945( labelled Orfeo Carletti 1937 )

レンタル中

ヴァイオリン表板
ヴァイオリン裏板
ヴァイオリンの渦巻き
Eric Blotによるヴァイオリンの証明書

モダンイタリーを超える。イタリアで学んだ製作家の優れたヴァイオリン

Marco Dobretsovitch(1891-1957) は1914年に故郷のモンテネグロを離れ エジプトに移住した。 1920年に彼はボローニャにある Augusto Pollastri の工房で修業するためにイタリアに渡った。
1925年の後はエジプトに戻りアレクサンドリアに住み、更に41年にはカイロに移った。

彼の製作したヴァイオリンはクーベリック、フーベルマン、ハイフェッツ等に所有され 高く評価されたと言う。(もちろんセカンドという扱いではあると思うが・・・)

Pollastri ラベルの楽器の中には彼の作品があると言われているが、このヴァイオリンはOrfeo Carletti ラベルである。
(以前、Pollastri ラベルのヴァイオリンで 実はOrfeo Carletti 作という楽器を見たことがあるが、この辺りの製作者同士の関係は実に微妙で複雑である)

製作者の国籍、製作地からは純粋なモダンイタリーとは言い難いのかもしれないが、多くの純正モダンイタリアヴァイオリンよりもむしろ優れた楽器と言えよう。そもそも皆がイタリア製、イタリア製と欲しがるが、イタリア人が作れば(外国で製作しても)良いのか、イタリアで作れば(イタリア以外の外人が作っても)良いのか。皆さんどう思っているのだろう?

イタリア人、イタリア製にこだわらずに、ただ良いヴァイオリンを選び、購入する。イタリア的なヴァイオリンは、イタリア人以外にも、イタリア以外の国でも作れること。この当たり前のことにそろそろ気づくべきだろう。

弦楽器サラサーテは、国籍、年代、製作者の知名度にかかわらず、本当に優れたつくり、音の楽器のみを販売します。

戻る