ヴァイオリンのE線にHill型アジャスターを使うとE線が切れやすい

E線がループ部分で切れやすいと思ったことはありませんか

E線がループ部分で切れる場合は、Hill型アジャスターのアームの形状が原因と考えられます。
アームが薄いタイプは、エッジが鋭く立っていることがあるので、ループの部分から切れやすくなります。
ですから、比較的アームの厚みがあって、形状がゆるやかなタイプが安心して使えます。その代表的なメーカーはGetz です。

また、弦を緩める時に、A、D、Gを先に緩めてしまいますと、E線だけ張力が残ってしまいますので、余計に張りが強くなり、ループ部分から切れてしまうことがあります。
もしヴァイオリンの弦を全体に緩めたいときは、まずE線を緩めて、ループ部にテンションが強くかからないようにしてから、A~G線を緩めると良いと思います。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。