ヴァイオリンのE線、ループエンド部分で切れやすい場合の対策

ヴァイオリンのE線、ループエンド部分で切れやすい場合の対策

ヴァイオリンのE線ですが、もしループエンドのE線が切れる場合、その多くはループ部分で切れてしまっています。
今回はそれを防ぐためのヒント、対策です。

ループ部分で切れやすい、頻繁に切れてしまう場合は、アジャスターのアーム金属部分の角が立った状態、エッジが鋭い状態になっている可能性があります。そのようなときは、細い丸ヤスリでアジャスターのアーム部分のエッジの角を少し削り、なめらかにします。これで完全に切れないとは言い切れませんが、改善するはずです。

また、比較的アーム部分の厚みのあるGetzのアジャスターを使うと経験的に切れにくいように思います。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。