バイオリン(ヴァイオリン)販売・専門店・弦楽器サラサーテ・東京(渋谷)から25分

完全予約制 10:00〜19:00 不定休

ヴァイオリンの肩当てについて ・ブリッジ型を使用すると初心者の構えが安定

ヴァイオリンの肩当てについて

肩当てを使わなくてもヴァイオリンは弾くことはできますが、構え、特に初心者の方はヴァイオリンの構えが安定しないことが多いと思いますので、肩当てを使うことをお勧めします。またヴィブラートをかけたり、ポジション移動するときにも肩当てがあると楽器が安定していてやりやすいと思います。

現在一般的なのはKUNに代表されるブリッジ型と呼ばれる肩当てです。最近はKUN以外にも様々なメーカーが同様の形状の肩当てを出しています。材質や肩当ての形状はそれぞれ微妙な違いがありますので、体型に合ったもの、しっくりくるものを選びましょう。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。