バイオリン(ヴァイオリン)販売・専門店・弦楽器サラサーテ・東京(渋谷)から25分

完全予約制 10:00〜19:00 不定休

オールドヴァイオリンの音色に憧れて購入したものの

もしかしてオールドヴァイオリン 音色が好きというだけで選んでしまってはいませんか?

オールドヴァイオリンの正しい選び方、購入にあたって注意する点

ヴァイオリンはやっぱりオールドでなくては。そう思う方も少なくないでしょう。
しかし、弾いだけの感想、G線の開放弦が柔らかく、優しく深みのある音で響く「これこそオールドヴァイオリンの音だ」とすぐに飛びついてしまってはいけません。そもそもヴァイオリンの開放弦というのは、楽器に最も負荷がかからない状態、つまり楽器にとって最も楽な状態なのです。ですからヴァイオリンが最も振動しやすい、響きやすい、鳴りやすい音なのです。

もちろん真のオールドヴァイオリンの音の特徴として、柔らかい音、包み込むような優しく深みのある音という点は挙げられますが、困ったことに表板が薄すぎるヴァイオリン、後に劣悪な修理で表板を削られ過ぎてしまったヴァイオリン、虫に食われて板がスカスカに軽くなってしまったヴァイオリンなども良いオールドヴァイオリンと似たような音を出すことがあります。

それは、上記のような欠陥により、物理的に板の振動エネルギーが足りていない現象が、一見(一聴?)優しい音、深みのある音に聴こえてしまうのです。それは音、音色には明確な物差し、尺度が無く、その時の印象、その時の主観で判断しているに過ぎないことが多いからです。
熟成した肉と腐りかけの肉の違いのようなもので、優れたオールドとただ古いだけのオールドは、音色は似てはいるけれど実は「似て非なるもの」なのです。音だけで選んでしまうと、後で「こんなはずではなかった」と後悔するようなことにもなりかねません。

開放弦は良い音色だったのに、強い音、大きな音で弾こうとすると全然音が前に出てくれない。全体的に音がもやもやしていて発音がはっきりしない。「もっとはっきり弾いて」と先生から言われる。「細かい音符がはっきりと聴こえない」と人から言われる。低音は良く響くが、高音が霞がかかったように抜けが悪い。そのような兆候がただ古いだけのオールド楽器の典型的な特徴です。

健全な肉体に健全な精神が宿るではないですが、不健康なボディは不健康な音しか産み出しません。
オールドヴァイオリンだけではなく、これは全ての年代のヴァイオリン選びに共通する重要なことですが、特にオールドヴァイオリンを選ぶときには、音だけでは判断せずに、つくり、健康状態などをきちんと確かめるべきです。

一流のプレーヤーが持っている本当のオールドヴァイオリンは、決して優しさ、柔らかさだけの楽器ではありません。何となれば2000人収容のホールでも、あの小さいバイオリン一挺で100人のオーケストラをバックにPA無しで聴かせることができるのですから。それだけのパワー、音のエネルギーを持っていなければ、道具として役に立たないのです。

私はよくクルマを例にお客様にご説明するのですが、内装が木目パネルだったり、本革シートだったりとどんなに車内が豪華な雰囲気であっても、いざ走らせてみたらブレーキの利きは甘い、曲がるときには外にふくらむ、高速では安定せず常にふらふらする。そのようなクルマだったらどうでしょう?
まず誰もがそんなクルマ怖くて乗りたくないはずです。それではクルマとして失格です。
まずは走る、曲がる、止まるといった基本性能をしっかり満たしてなければ怖くて運転できません。そしてそれを満たした上で、趣味的、情緒的な面の充実も満たすならば、つまり木目パネルや革のシート付を選んでも良いと思います。
順番は、基本的な性能をまずしっかり満たしてから情緒面を考えるべきなのです。

ヴァイオリンはもちろんクルマと違って、性能が悪いからといって危険な目に晒されることはないでしょう。しかし、性能の悪い楽器、情緒面だけ格好を付けただけのヴァイオリンでは演奏技術の上達は望めません。一所懸命頑張って練習しても無駄に練習時間を浪費するだけになってしまいます。

もちろん、今回私がご紹介するヴァイオリンはそんな雰囲気だけの道具として使えないヴァイオリンではありません。古い楽器の音色の良さを保ちながら、健康的な音を持つヴァイオリン、専門家の使用にだって充分耐えうる楽器です。

イタリアン偏重の日本においては、高い価格のドイツ製のヴァイオリンは人気が無いという理由だけで世間に紹介されていませんが、500万円とか600万円とか出せれば、状態、性能、音色の優れるオールドヴァイオリンを手に入れることは可能だと思います。しかし今回のような価格帯でこのような優れたオールドヴァイオリンをご案内できることは私にとっても滅多にないことでした。

真のオールドヴァイオリンとはどのようなものなのか?ぜひご自身の試奏でお確かめください。

 

オールドヴァイオリン(Klotzラベル)Ca.1800
税込販売価格:1,320,000円

 

オールドヴァイオリン

オールドヴァイオリンのf字孔オールドヴァイオリンのスクロール

 

厳選されたオールドヴァイオリンのみをお届けすることを弦楽器サラサーテはお約束いたします。