「間違いのない楽器の選び方をお伝えする」というこの店の看板に偽りなし

お客様の声5. (香川県在住 Y.Sさん)

ヴァイオリンは個体差が大きく、自分で良い楽器を見抜くのは楽器経験者でも困難です。
店主は、楽器が売れればそれでよい的な営業色の強いお店とは真逆で、「イタリア製だから、製作証明書がついているから、価格が高いから」というような理由だけで良い楽器に違いないと信じて購入してしまうことは危険であると主張します。

これは当然で、例えば良いオールドヴァイオリンのほとんどがイタリア製だからといって、イタリア製なら全て良い楽器だということにはなりません。
しかしながら、この当然のことは、日本の弦楽器の小売業界では必ずしも浸透しておらず、紛らわしいウンチクにより、高品質な楽器を選ぶという本来の目的を見失ってしまうことがあります。

この店は、製作地のブランド的なイメージや作者の知名度、価格等にとらわれず、長年に渡り、名器から作りの悪いヴァイオリンまで、数多くの楽器を見続けてきた経験をもとに、店主が選び抜いた良い楽器のみを取り扱っています。

また、試奏の際には、演奏者が求めることや好みを聞きながら親身になってその人に合う楽器を一緒に考え、提案してくれます。
例えば、もし国籍や年代にこだわらなければ、中国製のヴァイオリンだったら、作りの良い高品質の新作ヴァイオリンが、驚くほどの低価格で手に入ります。

私の場合は、モダンで年数が経っていながら非常に良い楽器がイタリア以外の国籍だったため、かなり良心的でリーズナブルな価格で手に入りました。
今まで所有していた何台ものヴァイオリンよりも断トツに良く、大変満足しています。

古い楽器は上手く選ばないと、下手したら単に古いだけで作りの良くないものを買ってしまいます。
この店にはそのようなものはありません。楽器の選定は見る目がある人に任せて、あとは自分が好みで選べばいいのです。

間違いの無い楽器の選び方をお伝えするというこの店のポリシーは、ホームページやYouTubeを見れば、どなたでも良く理解できると思います。

戻る