典型的なミラノ派のヴァイオリン Camillo Mandelli

Camillo Mandelli 1915

典型的なミラノ派のヴァイオリン製作家 Camillo Mandelli


“Liuteria Italiana en la Argentina”
Italian Viiolin making
Camillo Mandelli は1873年にイタリアOlgiate Calcoに生まれました。1890年にミラノに移りヴァイオリン製作の勉強を始めます。
このときの師匠は LeandroBisiach、Antoniazzi兄弟といった当時のベストメンバー。ですから彼の作る楽器は典型的なモダンイタリア。“ミラネーゼ”なのです。その後アルゼンチンのブエノスアイレスに移住、1920年にまたイタリアに帰国しました。実は、この頃はこういった製作家も多く、移住した製作家の楽器を集めて“Liuteria Italiana en la Argentina”という本が一冊できてしまうぐらいなのです。(左画像参照)ご紹介いたしますヴァイオリンはこの本に掲載されている楽器そのもの。保存状態も良く、コンディションは完璧です。 音も健康そのもの。
幸いなことに、この時期はアルゼンチンで製作していた時期なので、価格はこの年代のイタリア人ヴァイオリン製作家のものとしては信じられないぐらいの低価格。でも(しつこいですが)典型的なモダンイタリアン、そして“ミラネーゼ”なんです。

ミラノのビッグネームを何とかお安く買えないかと、色んな店を渡り歩き、そのあげくに変な楽器を買ってしまうぐらいでしたら、このようなヴァイオリンを手に入れられる方がはるかに得策だと考えますがいかがでしょうか。

戻る