一生もの(?)だから良いものを選ぼう

松脂で差をつけよう?

「松脂が布から取れちゃった。これって、もしかして不良品?
3,500円もするのに信じられない。」
「いいえ、もともとこういう包装なのです。 ご安心下さい。」
「でもこれじゃあ使いにくいじゃん。 」
しっかりとしながらしっとりとした発音。豊かな音量。これを体験してしまうと、この無骨さ、使いにくさは許せてしまいます。

(布と本体を両面テープで貼りつけてしまうと少しは使いやすくなります。お試し下さい。 )

リーベンツェラー


メーカーの発表によりますと、この松脂は、酸素を避け、真空中で溶かし製造したというこだわりの製品。

赤みをおびた色はキリンケツ
(Dragon's Blood)という染料のせい。
このため、使用すると弓毛がほんのり赤くなりますが、一切害はないとのこと。

実際に使ってみましたが、うっすらとピンクになる程度。 心配はいりません。
音は鋭い立ちあがりと、豊かな音量を感じさせてくれるもの。
包装も合わせて、なかなか使いやすい松脂のひとつです。
本体にまで、ラーセンのマークを入れるこだわり。
でも使うと消えてしまうのが残念!

(最近の製品は赤くなくなっています)

ラーセン


さらっとした松脂なら、まずこれでしょう。
夏場でもべたつかずに軽快な音の立ちあがりが実感できます。
でもつけ過ぎにはご用心。
いくらさらっとしていても、つけ過ぎると 雑音や弓毛に汚れがつく原因になります。
透明感のある姿はいかにも品質が良さそう。
布製の袋がまた高級感を演出してくれます。

ベルナルデル

戻る