ヴァイオリン小品集CD・Hommage a Milstein|フェデリコ・アゴスティーニ愛奏曲集

Hommage a Milstein アゴスティーニ愛奏曲集

(WWCC-7510) 2,730円

Hommage a Milstein 、アゴスティーニ愛奏曲集CDジャケット
演奏:Federico Agostini (Vn)
渡邉康雄(Pf)
使用楽器:Francesco Ruggieri 1678 Cremona

スメタナ:アンダンティーノ 「わが故郷」よりドビュッシー:亜麻色の髪の乙女

ドビュッシー:ミンストレル(吟遊詩人)

グルック:メロディ(精霊の踊り) 「オルフェオとエヴリディーチェ」より

ブロッホ:ニーグン(即興・朗吟)

ショパン:夜想曲 嬰ハ短調

ブラームス:スケルツォ F.A.E.ソナタより第3楽章

シューマン:間奏曲 F.A.E.ソナタより第2楽章

シマノフスキ:アレトゥーザの泉 「神話」より

ストラヴィンスキー:ロシアの少女の歌

ファリャ:アストゥリアス地方の歌 「七つのスペイン民謡」より

パラディス:シチリアーナ

ナルディーニ:ラルゲット

ラフマニノフ:ヴォカリーズ

プロコフィエフ:アンダンティーノ 「年とった祖母のお話」より

プロコフィエフ:アンダンテ 「年とった祖母のお話」より

コダーイ:ちまたに雨が降るように 7つの小品 Op.11より

ミルシテイン:パガニニアーナ


これがヨーロッパの底力なのか伝統なのか。アンサンブル、室内楽奏者の凄さを知る。

思わずこの同じCDをたて続けに3回も聴いてしまった。そして唸った。「凄い。凄すぎる。」しかしそれはいわゆる目くるめくような技巧に唸ったのではない。自然な歌心、美しい音色に唸ったのである。

今回、このヴァイオリニストのアゴスティーニのことを思い出したのはある音大での公開レッスンがきっかけでした。
その案内をもらったときは、大変失礼な言い方なのだけれど「いたね、そういう人。確かイ・ムジチの人だったよね」 という反応でした。
フェデリコ・アゴスティーニ、名門イ・ムジチの若きリーダーとして活躍していたのは何年前のことだったのだろう、家のCD棚を捜索するとアゴスティーニがソロを弾いたバッハの協奏曲集が見つかった。(もちろんイ・ムジチの看板曲「四季」も録音しているのだろうが、それは未購入。)

そのアゴスティーニが公開レッスン?今はソリストやっているのそれとも教師?何だかピンとこなかった

レッスン自体は、大変に説得力あるものだった。バッハ、ヴュータン、プロコフィエフと生徒の持ってきた曲を明快に説明し、そして自らがヴァイオリンを持ち、弾き分けてみせた。
バッハでは様式感をしっかりと教えていたのが印象的であった。所謂イ・ムジチ的なバッハではなく、古楽器的な演奏様式を教えたことが私には意外に思えたが、きっとそれはもはやヨーロッパの常識なのだろう 。
ヴュータンでは技巧に気を取られて細部にこだわり過ぎないよう注意をしていた。音楽の大きな流れを損なわないよう、音楽の推進力の大事さを説いた。ここではイタリア人の歌心“カンタービレ”を垣間見た気がした。

そのすぐ後であるが、ちょうどタイミングよく、ソロの小品集のCDが発売になった。早速聴いてみたところ、あまりの音の美しさ、音楽の自然さに、これ何なの? 何か他の人と違った弾き方をしているのだろうか?と何度も聴きなおすうちに、つい3回も聴いてしまったというわけ。

アゴスティーニは最近川崎洋介(Vn)、ジェームス・クライス(Va)、原田禎夫(Vc)とアミーチ弦楽四重奏団を結成。今回の公開レッスンはそのカルテットの来日公演の合間を縫って行われた。

1981年より86年までヴィルトゥオージ・ディ・ローマのメンバー。84年から94年までローマのフォーレ五重奏団の第2ヴァイオリンとして活躍。まだ20代の86年より92年まで、日本にも馴染みの深い、イ・ムジチ合奏団のコンサート・マスターになり、世界各国に演奏旅行する。  フィリップスより、バッハのヴァイオリン協奏曲、ヴィヴァルディの四季(VHS、DVDもあり)、クラベスより、ブラームスとフォーレのピアノ五重奏曲のCDを出している。
教育者としては、19歳の時よりトリエステとヴェニスの音楽院で教え始めてからは、1992年よりドイツ・トロッシンゲン音楽大学にてヴァイオリン科の教授を10年務める。2002年より、アメリカ・インディアナ大学で準教授として、ソロヴァイオリンと室内楽の教鞭を執っている。上記のカルテット結成のきっかけは、メンバー(川崎を除く)がトロッシンゲン音大の同僚であったことがきっかけであったとか。

録音もこの香り立つようなアゴスティーニのヴァイオリンの音を見事にとらえている。
このCDは音楽にとって、演奏にとって本当に必要なものが何なのかを教えてくれるような気がしてならない。一聴をお勧めする。

後日聴いた、アミーチカルテットの生演奏も素晴らしかったことを付け加えておく。


家のCDラックにあったアゴスティーニの他のディスク

バッハヴァイオリン協奏曲CDジャケット
バッハヴァイオリン協奏曲集
イ・ムジチ合奏団
PHCP-1621
ヴァイオリン二重奏曲集 CD ジャケット
ヴァイオリン二重奏曲集
共演:吉川朝子(Vn) 渡邉康雄(Pf)
MTWD-99007

戻る