ヴァイオリン レッスン ビデオ教材(母と子のヴァイオリン教室)

ヴァイオリン レッスン ビデオ教材のご案内

講師:澤 和樹
2巻組
コピーガード付
制作著作 ヴェルディ芸術文化振興会

ヴァイオリンの演奏は何よりも基礎が大切です。その基本を映像を駆使してわかりやすく説き明かしたのがこれです。
1本目のビデオは澤先生へのインタビューとなっており、学校の選択の問題、コンクールなどについてのお話が聞けます。このようなお話がまとまっている教材は私の知る限りはこのビデオだけだと思います。
また、ヴァイオリンレッスン編では生徒に木嶋真優も出演しています。
彼女は 澤先生の「小学生のためのヴァイオリンセミナー」の第1回目を受講。今や、ザハール・ブロンのセミナーにも参加し、昨年のヴィエニアフスキ国際コンクール(17歳以下の部)では最高位入賞を果たしております。その彼女が基礎練習の模範を見せてくれます。
以上、内容はかなり盛り沢山。
このビデオはタイトルこそ 「母と子」となっておりますが、入門者からベテランそして指導者まできっと多くの方の参考となるものと私は思っております。

月刊ストリング 3月号 P32に関連記事が掲載されております。そちらも参考になさって下さい。

こんな方に最適

  • 入門用として初心者の方(子供さんのみならず、大人の方も)
  • もう一度基本からヴァイオリンを見直したい方
  • 新たにヴァイオリンを指導することになった方(プロ奏者、音大生)

1-①レッスンをはじめる前に(インタビュー形式)

音楽・楽器との出会い方、ふれあい方
音楽高校・音楽大学とは
音楽専門校に高校から進学するか、大学から進学するか
コンクールの意義とアプローチの仕方
アンサンブルの重要性・ジュニアオーケストラの役割
毎日の基礎練習について
音楽を楽しめる環境作りを
(全 12分)

1-②レッスン

姿勢 楽器なしでやってみましょう、楽器を使ってやってみましょう
ボーイング
弓の持ち方、弓の角度について、右肩・右腕の位置、
顎当てと肩あてについて
移弦の練習
左手
基本編
応用編
左手のアクションの練習
左手の速い動きでやってみましょう
ポジションの移動
ヴィブラート
始めてのヴィブラート
ヴィブラートをマスターしたら

楽器と弓のメンテナンス
弦の張り方、駒の正しい角度
(全61分)

講師:澤 和樹
生徒:郷田 典子、木嶋 真優

澤 和樹
(さわ かずき)

ヴァイオリンを東儀祐二、吉永清子、鷲見三郎、兎束龍夫、海野義雄の各氏に師事。東京芸術大学、同大学院修了。安武賞受賞。在学中にロン=ティボー、ヴィエニアフスキ等の国際コンクールに相次いで入賞し、注目される。79年から84年ロンドンに留学し、ジョルジュ・パウク、ベラ・カトーナ氏に師事。79年ボルドー音楽祭にて金メダル受賞。83年ミュンヘン国際コンクール二重奏部門で第3位入賞。84年帰国とともに本格的な演奏活動を開始。89年文部省在外研究員としてロンドンの王立音楽院に派遣される。91年にはロンドンでのモーツァルト没後200年記念室内楽フェスティバルに出演。同年SAWA QUARTETを結成。
現在、東京芸術大学助教授。英国王立音楽院名誉会員。紀尾井シンフォニエッタ東京リーダー。SAWA QUARTET、東京弦楽合奏団を主宰。またヴェルディ芸術文化振興会において「小学生のためのヴァイオリンセミナー」の監修をしている。

お問い合わせ:レッスンの友社
TELl:03-3393-5921

戻る