KUN肩当て、劣化した脚(ゴム)の交換方法

KUN肩当て、劣化した脚(ゴム)の交換方法

ブリッジ型の肩当ての代表、KUNの肩当ては何と言っても愛用者が多いと思いますが、旧タイプの脚ですと、ゴム部分が劣化しやすいですね。
材質が天然ゴムなので、どうしても劣化してしまうのですが、新しい脚は劣化の心配は少ないまでも、硬くて弾力が無いために、すべりやすく、従来のゴムの脚よりも楽器からはずれやすくなったという声も聞きます。

現行のKUNの肩当て全て新しい脚に変わってしまっていますが、旧タイプの脚の交換用のゴムはパーツとして供給されてはいます。ですから、旧タイプの脚の愛好家の方も、その脚を使い続けていただくことはできます。

ただ、ゴムを替えられた方はご経験されたと思うのですが、差し込むのがやりにくく、かなり苦労します。そこで、KUNの脚のゴムを交換するときのちょっとしたコツをこの動画でお教えします。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。