ヴァイオリン・ヴィオラ・チェロ、弓毛替え後の松脂の上手なぬり方

毛替え後の松脂の上手なぬり方

弓の毛替えをした後すぐに楽器を弾いて、音が出なくなってしまったとあせった経験のある方はいらっしゃいませんか?
弓毛に松脂がついていないと、驚くほど音が出ないものなのですね。
(逆に言うと、松脂は演奏に関して、弓毛と弦の間で実に重要な役割を果たしているということも言えるかと思います。)

ですから、毛替えをした後はまず松脂を弓毛につけることから始めるのですが、毛替え後や新品の弓に松脂をつけ るときは、ちょっとしたコツがいります。

早くつけようとして、あせって強く松脂を擦りつけ過ぎたり、弓毛全体につけようと動きを大きくすると、松脂の表面が溶けてつるつるになり、かえってすべって弓毛に松脂がつかなくなります。
毛替えの後などは、全体的にではなく、部分的に松脂をつけていくと上手につけることができます。

そのやり方について、この動画で解説しています。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。