東京在住中国人ヴァイオリン製作家 耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏に訊く

耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏の工房にお邪魔しました

東京世田谷在住中国人ヴァイオリン製作家 耿 暁鋼(Geng XiaoGang)氏の工房にお邪魔して、最近作られた楽器について色々とお話を伺いました。耿氏は、これまでに数多くの名器やさまざまな国籍、年代の楽器を調整してきました。その経験が彼の楽器づくりには生かされていると思います。イタリアの製作者のほとんどは、ただ楽器を新しく作るだけで自分以外の楽器の修理や調整というものをしません。もちろん、師匠の楽器を学び、その通りに作ることから始めるとは思うのですが、イタリアの製作家たちは、修理や調整を基本的には自分の楽器以外にはあまりしない(できない?)ので、結果色々なスタイルの楽器に触れ、楽器の違いというものを学ぶということが無いのです。

ガン氏の場合は、クルマの両輪のように、製作というジャンルと、調整というジャンルを上手く噛み合わせて、新しく製作する楽器に生かしていると思います。ですから、いつでも最新作には新しいアイデア、発見がつまっているように思います。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。