Geng XiaoGang・耿 暁鋼 製作の新作ヴィオラについて

最近製作したヴィオラについて 耿 暁鋼氏にお話を聞く

東京世田谷在住の中国人製作家Geng XiaoGang(耿 暁鋼)氏の工房にお邪魔して、最近作られたヴィオラについてお話を聞きました。
このヴィオラは以前作られて、音が良かったモデル(プロの演奏家が使われている楽器から採寸したものだそうですが)を更に改良したものだということ、ボディサイズは大き目ですが、弦長が短いために、結果的には女性でも弾き易い楽器となっています。

やはり胴体のサイズが大きく容積がたっぷりあるために、C線の量感やヴィオラらしい適度なこもり音など、理想的な音が出せるようです。
このモデルでのガン氏への注文製作も承っております。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。