オールドヴァイオリンの修理・修復・ラベル・サイン

楽器の内部にラベルとは違った名前(サイン)が見つかることがあります

ヴァイオリンを修理のため開けてみると、楽器の内部の、外からは覗いては見えないところに本人の署名や焼印が残されていることがあります。

それが、ラベルとは違う本当の製作者の名前だったり、または後に修理した職人の名前だったり・・・・
どちらにしても遠い昔のことだったりするわけなのですが、そういった痕跡を発見すると、遺跡の発掘作業のようで、何だか壮大なロマンを感じさせてくれますね。
弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。