オールドヴァイオリンの修理・修復・石膏型

オールドヴァイオリンの修理・修復

古い楽器の変形した隆起を直したりする際にはまず石膏での型取りをします。
そしてその型を元の隆起、理想的な隆起に直して、そこに変形した表板あるいは裏板のせ、時間をかけてゆっくりと復元していきます。

これはイギリスオールドヴァイオリンの修理を東京世田谷豪徳寺のリューテリア・ガンさんに依頼した時に、撮影していただいたものです。

隆起の変形を直す作業は非常に時間のかかるものです。今後は石膏ではなく、3D プリンターなどを利用して型を取ることができるようになるかもしれませんね。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。