イタリア以外の国籍のモダン楽器をお薦めする理由

私がイタリア以外の国籍のモダンヴァイオリンのご購入をお薦めする理由

その理由は色々ありますが、まず販売価格がリーズナブルであること、音がモダンイタリーにくらべると、こなれていることが多いことなどがあげられます。
日本では猫も杓子もイタリアのヴァイオリンということで、優れた良いイタリア以外の国のモダン楽器を持っている方もわざわざ、全く大したことの無いモダンイタリーに買い替えてしまうようなご時世ですので私の言っていることなど、なかなか聞く耳を持っていただけないかもしれませんが、一度冷静になってイタリア以外のヴァイオリンの選択肢も考えてみてください。もちろん、すべてのイタリアのヴァイオリンがダメ、モダンイタリアヴァイオリンがダメと言っているわけではございません。イタリアだから、高価だから良いものだとは限らないということです。そして、音の傾向がモダンイタリアとオールドイタリアンでは全然違うので、高価で購入することができないからと、モダンイタリーがオールドイタリアンの代用となることはまず無いということなのです。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。