クレモナのヴァイオリン職人 ステファノ・コニアの工房を訪ねて

Stefano Conia

Stefano Conia (ステファノ・コニア)工房にて

もはや、巨匠と呼ぶのが相応しい、クレモナのヴァイオリン職人、S.コニアの工房を訪問いたしました。 偉い方なのに、大変気さくな方で親日家でもあります。
彼のヴァイオリンは新作にもかかわらず、独特の味わいがあります。 多少陰影のついたニス、隆起に特徴がある裏板。そして落ち着いていて、しかし、遠くまで通る音質。
根強いファンがいるのも頷けます。
お土産にいただいたポスター。
写真はデル・ジェスの有名な『カノン砲』のコピーの楽器です。
厚いコート紙のおかげで、写真なのに、まるで実物のニスように艶々と輝きます。この演出はさすが!

戻る