Todor Penev 2003 St.Zagora ( Guarneri del Gesu 1741 copy )

sold

各画像はクリックすると拡大します

ブルガリア製新作ヴァイオリンのご案内

またまたブルガリアから新星の登場。と言ってもこの人は前にご紹介している Milcev のお友だち。半ば紹介のようなかたちでこのヴァイオリンはここ弦楽器サラサーテにやってまいりました。

やはり この PenevMilcev 同様、クレモナで活躍するブルガリア人ヴァイオリン製作家 Edrev のお弟子さんということで楽器のつくりや音の傾向は実に良く似ています。綺麗なつくり、仕上げは並みのイタリア人のヴァイオリンを軽く凌駕しています。
その滑らかな音は、なかなか鳴らない(鳴らせない)イタリア新作ヴァイオリンが好きだという方、そういう楽器こそが新作ヴァイオリンの本当の姿なのだとおっしゃる方たちからは、こんなに易々鳴らせる楽器は楽器ではないというようなご不満が出るのはまず間違いことでしょう。

100万円以下で、つくり、音の良いものが欲しい、しかし中国製ではなくあくまでヨーロッパ製のヴァイオリンで、という方に今一番お薦めのヴァイオリンです。また、このヴァイオリンは2003年第10回トリエンナーレ国際弦楽器製作コンクールへ出品したもので、同コンクールのカタログに写真が掲載されています。

モデルは典型的なデル・ジェス( Guarneri del Gesu 1741 “ Kochanski ”) です。

戻る