Heinrich Th. Heberlein Jr. 1921 Markneukirchen

sold

各画像はクリックすると拡大します

優れたモダンドイツヴァイオリンHeinrich Th. Heberlein Jr.1921 のご案内です。Guarneri del Gesu の結構良い感じのコピーです。
どの辺が良い感じかと言いますと、個人的な好みなのですが、Guarneri del Gesu のコピーは小さくあって欲しいと思っています。小さくというのは何も本物よりも小さくという意味ではありません。そのままの大きさ、オリジナルのサイズでという意味です。
と申しますのは、コピーを作る場合であっても、原寸ではなく標準的なサイズにまで拡大して作ってしまうことが割と多いからです。一番多いのは全長を355mmとするものです。何故このサイズにするかというとその大きさはストラディヴァリが試行錯誤の上に確立したサイズだからです。ストラディヴァリ以降355mmはヴァイオリンの標準サイズとなったのです。(でもその「標準」はドイツやフランスの楽器になると何故か少し大きめで358mm~360mm になります。)
ヴァイオリンのサイズが355mmに落ち着くまではイタリアではヴァイオリンのサイズは350mm~353mmと、そう大きいものではありませんでした。言ってみれば大きいサイズは名器には似合わないのです。
もちろん例外はあります。例えばストラドにはロングパターンと呼ばれる358~360mmぐらいの楽器があります。またモダンイタリアの名器には358mm、357mmというものも少なくありません。

この楽器のボディサイズは352~3mm。実に格好良いでしょう!(355mmと比べて)たった2、3mmと言う無かれ、この数mmが全体に与える影響は決して無視できません。
残念ながら、HP上では画像を縮小してしまっていますのでその数mmの差がどんなものであるのかをお伝えすることはできません。例えばdel Gesuを特徴づけているf字孔は数mmでも大きくなると(たとえ他の寸法と連動していたとしても)全体の印象は随分と違ったものになってしまいます。そして、音もf字孔が大きくなるとかなり変わってくるように思います。大きなdel Gesuコピーは見た目も音も違和感があります。
このカッコの良い、実寸大のdel Gesu コピーは是非、現物を手にとってつぶさにご覧になって下さい。

加えてこのヴァイオリンの健康状態は完璧です。この年代にもかかわらず割れ修理の跡は全くありません。表、裏板の強さは目をみはるものがあります。そういった完璧な状態から出される音は強靭そのもの。もしドイツの音は渋いとか暗いなんて言っている人がいたら、何も言わずにこのヴァイオリンを渡して弾いてもらってみて下さい。

戻る