日本人製作家新作ヴァイオリン弓のご紹介

邦人製作家によります優れた新作ヴァイオリン弓をご案内させていただきます。

Hitoshi Takeda (銀・黒檀)

(上の画像は前回販売分のものです)

Sold

Hitoshi Takeda (銀・黒檀)

Sold

2本ともF.N.Voirinのスタイルで作られていますが、現代風にアレンジしたものですので、新作楽器やモダンイタリーなどの楽器を弾くにあたっても弓の強さが不足することはございません。 しなやかさと強さを併せ持つ優れた弓です。
是非フランス、ベルギー等ヨーロッパ産の倍ぐらいのお値段の弓と比較していただきたいと存じます。

実際の話ですが(前回入荷の弓ですが)、130万円するフレンチ新作Bowをお使いになられている音大生のメインの弓としてこの63万円の弓を採用していただくことができました。演奏安定性、豊かな音量等高く評価していただきました。

これより低価格の優れた弓のご案内はこちらをご覧ください

戻る