イタリア在住 ヴァイオリン製作・修理・修復 Kenji Miyagawa(宮川 賢治)

【製作家プロフィール】

Kenji Miyagawa 宮川賢治 1970年 京都生まれ 。
中学よりバイオリンを習う。 高校卒業後、バイオリン製作の道を目指す。 上京、東京の工房で修理、修復、製作を習う。
1997年、渡伊。クレモナのRiccardo Bergonzi工房で働く。 2年後、ミラノのFrederic Fantova氏に師事、 フランス式バイオリン修復法を習う。 引き続きFantova de Lucca バイオリン工房で勤務。 2001年イタリア人と結婚 。
2004年 3月 Fantova工房を退職。独立。
現在は Casalmaggiore(カザルマッジョーレ)で楽器修復、製作活動を行う。 今では多くの演奏家が修理、修復の依頼に彼の下を訪ねる。

― 参考―

Federico Fantova氏について。 France、Lyon生まれ。Mirecourtのバイオリン製作学校卒業後、 Lyonのシュミット工房に入る。 その後アシスタントとして8年勤める。 1990年、ミラノにて工房を開き、 現在、イタリア、スイス各地から 演奏家が修理、調整のため、工房を訪ねる。 主な演奏家は ミラノスカラ座管弦楽団、イ・ムジチ、 サンタチェチーリア管弦楽団、 ウト ウギ、フェリックス アーヨ、 マリオ ブルネッロ、ロッコ フィリピーニ等。

下の画像の楽器はG.Pedrazziniをモデルとしたものです

楽器の全貌を見る

戻る