サイレントヴァイオリン

-大人のためのバイオリン-

ヤマハサイレントヴァイオリンを発売

ヤマハがサイレントシリーズの一環として7月1日より『サイレントヴァイオリン』を発売。
7月12日、そのイベントコンサートが銀座ヤマハ1Fにて行われた。

サイレントなので、聴衆は演奏をヘッドホンで聴くのかと思いきや、それはさすがになく、スピーカーを使用してコンサートは行われた。
出てくる音はPAを通してアコースティック楽器を聞いている感じに極めて近いもので、
ポピュラー音楽を聴き慣れている人や、録音を通してだけしかヴァイオリンの音を知らない人には違和感はないであろう。

ヤマハのねらいは、このサイレントヴァイオリンと、近々開講する『大人のためのヴァイオリン教室』によって大人の初心者をとりこむことである。

これは、『ヴァイオリンは大人になって始めたのでは遅い。
ヴァイオリンは小さいときからやっていないとだめなのだ。』
という常識に対する挑戦である。

大人になってヴァイオリンの素晴らしさに気が付き、弾いてみたいと思ったとしても、今まではこの『常識』がはばんでいたのだ。

ヤマハが取り組んだとなれば、多くの人がトライされるに違いない。
私としては、サイレントヴァイオリンをきっかけにして大人の間でヴァイオリン人口が増えるのは大変ありがたいことである。

いつか、その中から胴体(?!)のあるヴァイオリンを欲しくなる人も現れるに違いない。

でも本当に大人のためのヴァイオリンなのだろうか?
やっぱり本物の弦楽器が欲しいという方はこちらへ

戻る