ブリッジ型肩当て、KUNの脚、新しいタイプに交換

肩当、KUNの脚は新しいタイプに交換可能です

ブリッジ型肩当ての代表選手、KUNの肩当てですが、古いタイプの脚だとゴムの劣化が気になりますね。
わりと早くにゴムがボロボロになってきてしまいます。もちろんゴムは交換することができるのですが、劣化したゴムの交換は結構大変だったりします
なのでいっそのことという方は脚ごと新しいタイプのものにも交換できます。
最新のKUN製品はみなこのタイプの硬質ゴム脚になっています。

ヴァイオリン4/4とヴィオラは同じパーツです。

この硬質ゴムは劣化はしにくいと思われますが、楽器につけるときに滑りやすい、確実にはめこみにくいなどやはり昔の脚の方が良かったとお思いになられている方もいらっしゃるようです。

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。