イタリア新作では珍しい、オールド仕上げ、アンティーク仕上げのヴァイオリン

イタリア新作では少し珍しい、アンティーク仕上げ、オールド仕上げのヴァイオリンです。
製作家はクレモナではなく、Pistoia というフィレンツェ郊外の Luigi Ercoli という人。
フィレンツェの近くと聞いて納得ですね。クレモナではやはりこのようなユニークな楽器は作られないでしょうね。

キズをつけたりニスを剥がしたりと、かなりリアルなアンティーク仕上げのヴァイオリンです

 

弦楽器サラサーテでは『間違いの無い楽器の選び方』をご提案しております。