弦楽器サラサーテの想い・正しいヴァイオリンの選び方

失敗しない、後悔の無いヴァイオリン選びのために

おそらく一生のうちにそう何度も買い替える機会のないヴァイオリン(弦楽器)。高価でもあり、どなたも買う時には『間違いの無い楽器』を購入しよう、失敗しないように、後悔しないように選ぼうと考えられるに違いありません。 でもそれは『正しい選び方』を知っていなければ実現できません。

東京(渋谷)から25分 横浜市青葉台のヴァイオリン販売専門店、弦楽器サラサーテは『ヴァイオリン』そのものではなく、『ヴァイオリンの選び方』、『選ぶプロセス』をご紹介、ご案内したいと考えております。

それは弦楽器という単なる物、商品を売るだけの『モノ売り』ではなく、弦楽器の選び方という『考え方』『方法』をご提案するご案内役でありたいという想いを強く抱いているからであります。

もし現実に、皆様方がご自身で正しく確実に楽器を選んでおられるのであれば、私はこのような野暮なことは申しません。それが実現できているのであれば、私が存在する意義など無く、極端なことを言えば、ヴァイオリンは自動販売機にだって売ることが可能になるのではないでしょうか。
まさか実際にはヴァイオリンは自動販売機では販売されておりませんが、実際買い物カゴが設置されているようはECサイトは数多く存在しています。
もちろん、量産品のセットの購入等、購入者が楽器の内容にあまりこだわりをお持ちにならなかったり、楽器を選んだり、組み合わせを考えるのが面倒な方の場合はそういう買い方でも良いのでしょう。
ただ、わざわざこのサイトに訪れていただいた皆様は、決してそのような考えをお持ちであったり、そのような方法で購入したいという方々ではないと私は思います。

子供さんの時に使われるいわゆる分数楽器は別として、また、ヴァイオリンを集めるのが好きであったり、買い替えること自体が好きなコレクターやマニアは別として、ヴァイオリンは一生のうちにそう何度も買い替えるものではありません。
また、高価なものも多いため、今後買い替えなくても良いような「一生もの」を選びたいとおっしゃる方も少なくありません。
そういった方々誰しもがお考えになること、それは『間違いの無い楽器』を購入したいということではないでしょうか。
それは当然と言えば当然です。 しかし、どうしたらそれが可能になるのでしょうか?

・製作者の知名度、経歴、国籍などが弦楽器選びの指標になるのでしょうか?
・楽器の価格が良し悪しの正しい指標になるのでしょうか?
・新しい楽器よりも古い楽器の方が良いのでしょうか?
・先生や上手く弾ける人にヴァイオリンを選んでもらうのが良いのでしょうか?

現在ではWEBを通じてHP、掲示板、ブログ等から様々なヴァイオリンに関する情報を収集することができます。でも、それらは噂や迷信、風評、憶測、思い込みなども混在しています。果たしてどの情報が正しくどれが間違っているのでしょうか? 調べれば調べるほどわからなくなり、情報の海の中で溺れそうになってはいないでしょうか?

ここで重要なのは『貴方にとって』の『間違いの無い楽器』を選ぶということです。他人の体験、感想がそのまま貴方に当てはまるとは限りません。また、手工弦楽器は1台1台違いますから、WEB上の情報はその当該個体のみについて通用することであって、普遍性に乏しいことが少なくありません。
ですから、いたずらに情報に左右されることなく、ひたすら目の前に出された楽器と向き合い、そこから何を感じたかを自分自身に問い続けることが必要なのだと思います。

『間違いのない楽器』にいきなり近づくことはできません。ひとつひとつ着実にプロセスを踏んで、『貴方にとって』の『間違いの無い楽器』に近づいていくことが必要だと考えます。あとは実践あるのみ。ご一緒に『間違いの無い楽器』を選んで参りましょう。

おかげさまで、このユニークなポリシー、活動を皆様に高く評価いただき、 店は横浜にございますが、全国からの多くのお問い合わせ、ご来店をいただいております。
まずはお電話かメール、お問い合わせフォームからお気軽にご相談下さい。

戻る